【阪神】井上広大、無安打ながら“超非凡” チャンスもらえれば結果残せる…金村義明の眼

スポーツ報知
2回2死一塁、井上広大が空振り三振に倒れる(カメラ・馬場 秀則) 

◆JERAセ・リーグ 中日3―0阪神(14日・ナゴヤドーム)

 阪神ドラフト2位・井上広大は、大きな拍手を背にプロ初打席に向かった。大野雄に対して初球を見送ると、2球連続で空振り。最後は140キロのツーシームにバットが空を切った。5回1死では直球に詰まって一ゴロ、8回先頭ではツーシームで再び空振り三振に倒れた。デビュー戦は3打数無安打2三振だった。

 井上は無安打ながら“超非凡”なものを見せた。特に1打席目だ。ツーシームで空振り三振だったが、球界NO1左腕・大野雄と初対決で一番速い直球にタイミングを合わせて振り切っていた。それはなかなかできることじゃない。

 2打席目はツーシームを意識して当てにいっての一ゴロ。だが、3打席目は反省を生かし、最後は外角ツーシームをフルスイングした(空振り三振)。

 私も高卒1年目を振り返ると、金縛りにあったみたいに構え遅れて、思うように振れなかった記憶がある。あの長嶋茂雄さんもデビュー戦で金田さんに4連続三振した。井上は今後も安打をほしがらず、きょうのようなスイングを貫くべきだ。

 チャンスをもらえれば、必ず結果を残す。2軍戦も何度か見たが、右方向に打てるうまさを持ち合わせ、大山に続く右の長距離砲として期待できると確信した。(スポーツ報知評論家)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請