【ロッテ】藤原恭大、球団初!初回先頭初球でプロ1号の快挙「体が勝手に反応した」

1回無死、プロ初本塁打を放った藤原恭大(カメラ・清水 武)
1回無死、プロ初本塁打を放った藤原恭大(カメラ・清水 武)

 痛い敗戦の中で、20歳のスター候補生が球団初の快挙を打ち立てた。18年ドラフト1位の藤原が、プロ1号を初回先頭打者の初球アーチで飾った。ハーラートップの涌井から、「体が勝手に反応した」と右翼席へ、プロ通算41打席目の初本塁打。スタンドで見守る両親の前で2安打3出塁と存在感を示した。

  • 初本塁打が初回先頭打者初球本塁打
  • 初本塁打が初回先頭打者初球本塁打

 荻野、角中らの新型コロナウイルス感染に伴い、6日に緊急で今季初昇格。「1打席目1球目からホームランを狙う」という流儀を貫く一方、1軍では2ストライク後に逆方向を意識する打撃を取り入れ、レベルの違いに適応した。井口監督も「打席の内容が非常にいい」と、実感を込めた。

 2軍では打率2割3分、リーグワースト75三振だったが、9日のソフトバンク戦(ペイペイD)でプロ初の猛打賞をマークするなど、1軍、しかも優勝争いの真っただ中で打率3割6分4厘と“大変身”。甲子園で3度優勝した大阪桐蔭時代も2年センバツの決勝(対履正社)で先頭打者アーチを放った。その勝負強さは本物のようだ。

1回無死、プロ初本塁打を放った藤原恭大(カメラ・清水 武)
初本塁打が初回先頭打者初球本塁打
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請