松本隆氏、ともに名曲生んだ筒美京平さん悼む「彼ほどぼくの言葉を愛してくれた人はいない」

松本隆氏
松本隆氏
筒美京平さん
筒美京平さん

 作曲家の筒美京平さんが7日に80歳で死去したことを受けて、「木綿のハンカチーフ」「スニーカーぶる~す」など多くのヒット曲でタッグを組んだ作詞家の松本隆氏(71)が13日、ツイッターを更新し、故人をしのんだ。

 1980年代を中心に、数々の名曲を世に送り出した“黄金コンビ”。松本氏は「ぼくが京平さんからもらったものはありったけの愛。彼ほど、ぼくの言葉を愛してくれた人はいない。ありがとう、京平さん」と哀悼。「いつかぼくも音符の船に乗り、天の園に舞い上がる日が来る。少しの間、待ってて。そうしたら笑顔で、喜んだり怒られたり哀(かな)しんだり楽しく語り合おうね」と呼び掛けた。

 12日に神戸市内のラジオ局でマイクに向かっている際に、「木綿のハンカチーフ」を歌う太田裕美(65)からメールが届き、訃報に接した。「瞬間、涙の洪水になりそうな心を抑えて、平常心を保ちながらラジオを終わらせた。『取り乱さなくて偉いでしょ、褒めてよ』と天国の京平さんに呟(つぶや)く」

 共に仕事をして40数年、さまざまな思いが去来した。最後に会ったのは2011年だった。松本氏は「作詞家になった瞬間、目の前に筒美京平は立っていて、先輩と後輩であり、兄と弟であり、ピッチャーとキャッチャーであり、そして、別れなければならない日が来ると、右半身と左半身に裂かれるようだ」と心情をつづった。

松本隆氏
筒美京平さん
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請