【巨人】ドラ1ルーキー・堀田賢慎、手術後リハビリの日々「菅野さんみたいに勝てるピッチャーに」

ジャイアンツ球場でリハビリに励む堀田(左は山口コーチ、右は菅野)
ジャイアンツ球場でリハビリに励む堀田(左は山口コーチ、右は菅野)
巨人の19年ドラフト指名選手
巨人の19年ドラフト指名選手

 

 巨人の育成を含むルーキー全8選手のインタビューを随時掲載していく。第1回は青森山田高からドラフト1位で入団した堀田賢慎投手(19)。最速151キロの直球が魅力だが、1月の新人合同自主トレ途中に右肘の炎症で離脱。4月にじん帯再建術(通称トミー・ジョン手術)を受け、今も懸命にリハビリを続けている。手術の決断に至る経緯や現在の心境などを語った。(聞き手・河原崎 功治)

 一回り以上大きくなった体、小麦色に焼けた肌がG球場での鍛錬を物語っていた。苦難のプロ1年目となった堀田だが、その目は真っすぐに前を向いていた。新人合同自主トレ途中、右肘の炎症によりリハビリ組に合流。春季キャンプでも思うように投げることができず、4月2日にじん帯再建術を受けた。

 「違和感があった状態で投げていくこともできたと思います。でも、それが結果につながってくるかって考えた時、絶対的な自信はなかった。まずはそこ(不安)をクリアな状態にしてから臨みたいなとは思っていました。手術をしたら(復帰まで)相当な時間がかかると聞いていたので正直、自分の意思だけでは決められなかった。先輩の与那原さんが同じ手術をしていたし、寮も一緒だったのでいろんな話を聞きながら決めました」

 術後はノースロー調整が続いたが、今ではキャッチボールやネットスローを再開。練習の強度を少しずつ上げている。同期入団の選手たちは試合に出て実戦経験を積んでいった。自然と焦りが募った。

 「ボールボーイとして(ファームの)試合は見ることができたし、寮でもテレビで見たりしていました。早く投げたいなと思っちゃうと、次の日のキャッチボールで少し強度を上げてしまったり、知らないうちに力が入っている感じがある。同期が2軍や3軍で試合に出てるのを見ていると、焦るなって言われても難しい。自分がマウンドで投げてるところを想像しながらゲームを見ています」

 そんな中、周囲からかけられる何げない一言が堀田に安心感を与えた。

 「『焦らなくていいんだぞ』って言葉は一番ありがたい。シンプルなんですけど、僕の中ではすごい助かる言葉なんです。そういう言葉をいただくと、焦らずに今できることを頑張ろうって気持ちになる。その言葉が僕の中で一番うれしいです」

 グラウンド外で支えになっているのは高校の野球部の仲間。時には電話をしたりして、元気をもらっているという。

 「同級生は『1軍で活躍しろよ!』『頑張れ!』と言ってくれて。すごくうれしいし、もっと頑張ろうと思う気持ちも出てくる。それと後輩には僕のジャイアンツのタオルを送ったんです。それを持ちながら『賢慎さん、頑張れ!』って動画が監督から送られてきて、すごくうれしくなりました。今まで普通に野球ができていたのが普通じゃないって思っていますし、そういう支えがないとやっていけないと感じています」

 来年の春季キャンプで投げられるようになることを目標に掲げて練習に励んでいる。

 「トレーナーさんとも話して、春のキャンプでしっかり投げられるようになっていたらいいなって。そこに向けて焦るのはよくないんですけど、肘の状態と相談しながら一日でも早くっていうのは思っています」

 今季はファンの前でプレーする姿を見せることができなかった。来季への意気込みに加え、ファンへメッセージを送った。

 「今は実戦復帰に向けて、できることをやっていくだけだと思っています。今年は菅野さんがここまで負けなし。そういう勝てるピッチャーになりたいです。患部は順調に回復しています。ずっと中(室内練習場)にいるわけではない。走路だったりグラウンドだったり、外に出ているので、その時には声をかけてもらいたいです」

 ◆堀田の今季の経過

 ▼1月22日 新人合同自主トレ中、右肘の軽度の炎症で練習を欠席。その後、病院で検査を受け、軽度の炎症と診断されリハビリ組に合流。

 ▼2月16日 キャッチボールを再開。その後も患部の状態を見ながら投球を継続。

 ▼3月 ボールを握る機会が減少。主に体幹トレーニングなどで調整。

 ▼4月2日 右肘じん帯再建術を受ける。同月内にギプスが取れ、チューブトレーニングなどでのリハビリを再開。

 ▼8月25日 キャッチボールを再開。

 ◆堀田 賢慎(ほった・けんしん)2001年5月21日、岩手・花巻市生まれ。19歳。桜台小1年で野球を始め、花巻北中では花巻リトルシニアに所属。青森山田高では1年春からベンチ入りし、甲子園出場経験はなし。19年ドラフト1位で巨人入団。1、2軍ともに公式戦出場なし。185センチ、80キロ。右投右打。

ジャイアンツ球場でリハビリに励む堀田(左は山口コーチ、右は菅野)
巨人の19年ドラフト指名選手
すべての写真を見る 2枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請