宝塚歌劇専科娘役・星蘭ひとみが退団 ドラマ「カネ恋」で三浦春馬さんの元彼女役

星蘭ひとみ
星蘭ひとみ

 宝塚歌劇団は13日、専科で入団6年目の娘役・星蘭(せいら)ひとみが退団すると発表した。11月30日付。公演には出演しておらず、退団セレモニーは行われない。

 星蘭は今月6日まで放送された、故・三浦春馬さんが出演したTBSテレビ系ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」で、三浦さん演じる慶太の元彼女・まりあ役で出演。在団中のテレビドラマレギュラーは、1994年のNHK朝ドラ「ぴあの」のヒロイン・純名里沙以来26年ぶりで話題になった。

 星蘭は2015年に第101期生として入団。抜群のルックスで、星組では新人公演ヒロインを2度務めるなど注目を集めたが、昨年12月にベテランが中心のスペシャリスト集団・専科に異動。若手が専科入りするのは極めて異例だったが、劇団は今後は映像を中心に出演すると説明していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請