【東都大学準硬式野球】東海大 松本が3ラン 高部が5安打4打点

3ランを放つなど3安打4打点と攻守に活躍した東海大・松本
3ランを放つなど3安打4打点と攻守に活躍した東海大・松本

 ◆東都大学準硬式野球秋季リーグ戦1部 東海大19―8国士舘大=7回コールド(13日・上柚木公園)

 東海大が21安打19点と打ちまくって7回コールド勝ちした。初回、松本航輝(3年=東海大相模)の適時打などで3点を先制。2回には高部翔太(2年=東海大相模)の適時打、松本の右越え3ランなどで5点を挙げてリードを広げると、3回以降も毎回得点し、7回コールド勝ちした。国士舘大も14安打で8点を挙げたが、大量失点が響いた。東海大は4勝6敗、勝率4割で今季を終えた。

 東海大・高部翔太「とにかくチームが勝つために、できることをしようと思い打席に立ちました」

 東海大・松本航輝「チームの勝ちにつながる一打が打てたのでよかったです」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請