【西武】「NPB12球団ジュニアトーナメント2020」に向けてライオンズジュニアが始動

ライオンズジュニアのメンバーたち(球団提供)
ライオンズジュニアのメンバーたち(球団提供)

 12月29~31日に横浜スタジアム、神宮球場で開催される「NPB12球団ジュニアトーナメント2020」に出場するライオンズジュニアが10日、始動した。西武の室内練習場で全体練習を実施。362人の応募者から選ばれた16人の選手は、キャッチボールやシートノックなど約3時間、汗を流した。

 主将に任命された小学6年生の蜂巣祥万(はちす・しょうま)捕手は「Lions」と胸に入ったチームウェアに初めて袖を通すと「うれしいです! やっとチームの一員になったんだなと実感がわきました!」と喜んだ。今年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、毎週末楽しみにしていた少年野球の練習に行けない日々が続き「大好きな野球ができなくてつらかったです」という。

 9月にライオンズジュニアの合格を知ったときは「とにかくうれしかったです。元プロ野球選手に教わることで技術の向上につながると思いました」と目を輝かせた。「チームとしての目標は全員野球で優勝。そのために、僕は捕手として声で皆を盛りあげます」と宣言した。

 「自分が小学生の頃にはこういう機会はなかったから、うらやましくもありますね」と語るのは星野智樹監督(現・ライオンズアカデミーコーチ)だ。「野球を通して良い経験をしてもらいたい。楽しそうに野球やっているなと思われるチームを作りたい」と理想のチーム像を明かした。

 「勝負の中では厳しいことだってある。勝つためにはどういう気持ちを持って戦えば良いのか、一緒に指導するコーチ陣と話し合いながら伝えていきたい。最後は笑顔で終わりたいね。もちろん初優勝も目指しますよ」と星野監督は意気込んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請