【Bリーグ】ベルテックス茶摘み体験…山下颯「今まで以上に感謝の気持ちを持って飲みたい」

茶摘みを手伝うベルテックス静岡の大石(中央)
茶摘みを手伝うベルテックス静岡の大石(中央)

 B3ベルテックス静岡のPG大石慎之介(32)ら3選手が12日、静岡市内で茶摘みを体験した。お茶メーカーの佐藤園(本社・静岡市)が管理する茶園で、初めて茶摘みをしたという大石は「最初は手摘みかと思ったけれど、機械で綺麗にできて楽しかった」と振り返った。同社の工場に移動し、製茶の工程などを見学した後には、お茶を使用した新感覚のかき氷「抹茶ピンス」に舌鼓を打った。

 静岡を代表する産業のピンチに立ち上がった。お茶の生産量日本一を誇る静岡県だが、現在2位・鹿児島との差は縮まってきているという。地域貢献をチームのテーマのひとつに掲げる選手たちが、少しでも茶業界を元気にしようと一役買って出た。

 冷茶で水分補給をすることもあるというSG山下颯(28)は「積み荷とか大変な作業を毎日やっていると思うと、今まで以上に感謝の気持ちを持って飲みたい」。PF村越圭佑(26)も「きょうは短時間だったけど、機会があったら(また)やりたい」と話した。(塩沢 武士)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請