【ソフトバンク】板東湧梧が右肘手術 復帰まで4か月

右肘手術を受けたソフトバンク・板東湧梧 
右肘手術を受けたソフトバンク・板東湧梧 

 ソフトバンクは13日、板東湧梧投手(24)が12日に神奈川・横浜市内の病院で右肘の鏡視下骨棘(こっきょく)および遊離体切除術を受けたと発表した。復帰まで4か月を要する見込みで、今季絶望となった。

 板東はJR東日本から18年ドラフト4位で入団。1軍初登板も果たした2年目の今季は、8月6日の楽天戦(楽天生命)でプロ初勝利をマークするなど2勝2敗2ホールド、防御率2・56。9月12日に右肘の炎症で出場選手登録を抹消されていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請