【東都大学準硬式野球】法大二・畠が2打席連続適時打

2打席連続適時打を放った法大二・畠
2打席連続適時打を放った法大二・畠

 ◆東都大学準硬式野球秋季リーグ戦2部 法大二 3―3駒大(12日・あきる野市民球場)

 法大二は2回、畠崇紘(3年=新湊)、下位健介(2年=南平)の連続適時打で2点を先制。同点とされた4回には畠の2打席連続となる適時打で勝ち越した。駒大は9回1死二塁から浜辺梨至流(2年=つくば秀英)の適時二塁打で追いつく粘りをみせたが、後続を断たれて引き分けとなった。

 法大二・畠崇紘「エースの坂倉が頑張っていたのでなんとかしたかった。みんながつないでくれたチャンスを生かすことができてよかったです」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請