【東都大学準硬式野球】専大・小倉が完投 高野が3安打2打点…投打かみ合い帝京大に快勝

勝利に貢献した専大の小倉と高野
勝利に貢献した専大の小倉と高野

 ◆東都大学準硬式野球秋季リーグ戦1部 専大6―1帝京大(12日・上柚木公園)

 投打のかみ合った専大が快勝した。

 3回、高野良輔(3年=滝川二)の適時打で先制。6回には高野の中前打を手始めに5安打を集めて4点を追加。9回にも高野が適時二塁打を放ってリードを広げた。

 先発の左腕・小倉一優(3年=星稜)は8回まで7安打を許しながらも要所を締めて無失点。9回、帝京大の神涼太(3年=実践学園)、遠藤真人(3年=東亜学園)に連打を許して1点を失ったが、後続を抑えて完投した。

 専大・小倉一優「直球が走っていたので、押していきました。それが勝因だと思います」

 専大・高野良輔「自分の持ち味が生かせた打撃や走塁ができたのでよかったです」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請