【東都大学準硬式野球】国士舘大の左腕・戸谷が好投「勝利に貢献する投球ができてよかった」…東海大に競り勝つ

9回途中まで好投した国士舘大の左腕・戸谷
9回途中まで好投した国士舘大の左腕・戸谷

◆東都大学準硬式野球秋季リーグ戦1部 国士舘大5―4東海大(12日・上柚木公園)

 国士舘大が逃げ切った。

 1―1の7回、川上裕汰(3年=浦和学院)の適時打で勝ち越し。9回には鈴木柊偉(2年=常総学院)、飯塚剛己(3年=前橋育英)の適時打で2点を追加した。

 先発の左腕・戸谷拓真(3年=前橋商)は9回1死まで相手を1点に抑えて、清水健一朗(3年=沼田)に継投。東海大は9回、高部翔太(2年=東海大相模)、松本航輝(3年=東海大相模)の連続適時打で1点差に迫ったが、後続を断たれた。

 国士舘大・戸谷拓真「チームの勝利に貢献する投球ができてよかったです。次戦も勝利に導けるような投球をしたいです」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請