新井浩文被告、乱暴した女性従業員と民事上の和解成立

新井浩文被告
新井浩文被告

 派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして強制性交罪に問われ、昨年12月の東京地裁判決で懲役5年の判決を言い渡された元俳優新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)被告(41)の控訴審初公判が12日、東京高裁で開かれた。

 新井被告は出廷せず、弁護人が、「(被害女性と)民事上の和解が成立した」とし、慰謝料の支払いが完了したことを明かした。控訴審は同日結審し、判決は11月17日に言い渡される。昨年9月に行われた初公判では、新井被告が弁護士を通じて、示談金2000万円を申し出ていたことが明らかになった。当初は1000万円だったが、女性側が拒否すると倍増されたという。女性は示談に応じていなかった。

 新井被告は18年7月1日、東京都世田谷区の自宅で、マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして、第1審では、性交時の暴行があったかどうか、性交の合意の誤信があったかどうかが争点になっていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請