畑岡奈紗、パー4のイーグル発進で首位と4差に詰め寄る 全米女子プロ選手権最終日

畑岡奈紗(ロイター)
畑岡奈紗(ロイター)

◆米女子プロゴルフツアー メジャー第3戦 全米女子プロ選手権 最終日(11日、米ペンシルベニア州アロニミンクGC=6577ヤード、パー70)

 首位と6打差10位から出た、世界ランク5位の畑岡奈紗(21)=アビームコンサルティング=は1番パー4で衝撃のイーグル発進を決めた。

 419ヤードのパー4。畑岡はドライバーで快音を響かせ、フェアウェー中央へと運んだ。アイアンでの第2打を思い切り振り抜くと、力強い打球はグリーン上で2バウンドして、右奥のピンへと一直線。カップへ吸い込まれてイーグル。グリーン周りにいた大会関係者から「oh my God!(なんてことだ)」と声が漏れる衝撃の一打となった。

 畑岡は第2打地点で関係者からイーグルを伝え聞くと、その場で笑顔でキャディーとハイタッチを交わした。一気に通算3アンダーとし、首位と4打差に詰め寄った。最終日逆転の1977年全米女子プロ選手権の樋口久子、昨年のAIG全英女子オープンの渋野日向子に続く、日本女子3人目のメジャー制覇へ最高のスタートを切った。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請