立命大の藤本竜輝がリーグ戦デビューで151キロ 社高でプロ注目の右腕

◆関西学生野球秋季リーグ戦 ▽第5節 近大4―3立命大=延長10回タイブレーク=(11日・ほっともっとフィールド神戸)

 社(やしろ)高(兵庫)時代にプロの注目を集めた立命大の藤本竜輝投手(1年)が6回から2番手で登板した。2回1安打1失点で、自己最速を2キロ更新する151キロをマーク。「(150キロは)1つの目標にしていたのでよかった」と、喜びをかみしめた。

 7回無死で近大の筒井太成左翼手(2年)に右越えへ同点ソロを浴びた。「少し(気を)抜いてしまった。めちゃくちゃ後悔している」と唇をかんだものの、直後に巨人などのドラフト1位候補に浮上している近大・佐藤輝明三塁手(4年)をカーブで空振り三振に仕留めた。「素直にうれしい。空振りで『ブンッ』と感じたことがない音がした。めっちゃ怖かった」と苦笑いした。

 入学直後に右肘を痛め、約1か月前から投げ始めたばかり。「高校を卒業して、そのままプロに行っても活躍できないと思った。4年間鍛えて(ドラフト)1位でプロに行って、活躍できるような選手になりたいと思って進学した」。晴のち雨の初陣となったが、将来が楽しみな右腕だ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請