【神奈川大学】“ハマのおかわりくん”桐蔭横浜大のドラフト候補スラッガー・渡部健人 4打数無安打で連続試合本塁打ストップ

「4番・三塁」で先発出場した桐蔭横浜大・渡部健人内野手
「4番・三塁」で先発出場した桐蔭横浜大・渡部健人内野手

◆神奈川大学野球秋季リーグ戦第5週第1日 ▽桐蔭横浜大7―0神奈川大(11日・横浜スタジアム)

 桐蔭横浜大の体重112キロの巨漢ドラフト候補・渡部健人三塁手(4年)は4打数無安打で連続試合本塁打は「5」でストップ。シーズン最多に並ぶ8本塁打(神奈川大学野球リーグ記録)は持ち越しとなった。

 ”ハマのおかわりくん”から快音は聞かれなかった。「今日は記録を意識してしまいました」。初回2死二塁で見逃し三振。その後の打席では積極的に降っていくが凡退し、4打数無安打1三振に終わった。

 この日は5球団が視察する中で不発に終わったが、日本ハム・坂本スカウトは「春よりも二回り以上成長している。動けて飛ばせる、大学トップレベルの選手」と高評価。「来週は切り替えて、チームの勝利に貢献したいです」と渡部。今季残り2試合、バットでチームをけん引して有終の美を飾るつもりだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請