【巨人】先発の戸郷は6回2死から連打で失点 宮本投手チーフコーチ「あそこで踏ん張れるかどうかですよね」

6回2死二塁、高橋周平に適時二塁打を打たれた戸郷翔征
6回2死二塁、高橋周平に適時二塁打を打たれた戸郷翔征

◆JERAセ・リーグ公式戦 中日7―0巨人(11日・ナゴヤD)

 先発の戸郷は、6回を投げて4安打2四死球4奪三振2失点で、5敗目を喫した。

 4回1死まで、1人の走者も出さないパーフェクトピッチング。4回に2死一、二塁のピンチを迎えると、高橋に中前適時打を浴び、1点を先制された。6回には2死からビシエド、高橋に連続二塁打を許して2点目を失った。

 宮本投手チーフコーチは試合後「惜しかったね。やっぱりあそこ(6回2死)で踏ん張れるかどうかといったところが勝ち星につなげられるピッチャーかそうでないかってところだったね」と語った。「6回2失点?これは先発ピッチャーとしては合格点ですよ。ただあとはやっぱり勝てるかどうかだからね。ピッチャーっていうのはあそこで踏ん張れるかどうかですよね」と続けた。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請