【女子野球】2年ぶり全国クラブ選手権が開幕、ライオンズレディースなど2回戦進出

好投したライオンズレディース先発の里綾実(カメラ・軍司 敦史)
好投したライオンズレディース先発の里綾実(カメラ・軍司 敦史)

 ◆第15回全日本女子硬式野球クラブ選手権大会初日 ▽1回戦 ライオンズレディース2―0MSH医療専門学校(11日、袖ヶ浦市営球場)

 女子硬式野球のクラブ日本一を決める全日本女子クラブ選手権大会が11日、14チームが参加して千葉県・袖ヶ浦市などで開幕。2球場で1回戦6試合が行われた。

 NPB12球団初の公認チームとして今年創設され、地方予選から勝ち上がったライオンズ・レディース(埼玉)もMSH医療専門学校(広島)と対戦。先発した日本代表・里綾実が6回3安打と好投し2回戦に進出した。昨年、女子プロ野球を退団した里にとって8年ぶりのアマ全国大会。「久しぶりの全国大会。気が引き締まりました」と、初出場Vに向け意気込みをみせた。

 新型コロナウイルスの影響で大会中止が相次ぐ中、女子硬式野球の全国大会は9月の大学選手権に続き今年2つめ。この大会は昨年、台風の影響で開催できなかったため、大会関係者は2年連続の中止を避けようとコロナ対策を徹底。関係者以外は無観客とスタンドはさみしかったが、選手は久しぶりの大会を存分にプレーした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請