【楽天】石橋良太、幻の3回完全 悔しい雨天ノーゲーム…三木監督「もう少し見たかった」

3回完全も降雨ノーゲームに泣いた楽天先発の石橋
3回完全も降雨ノーゲームに泣いた楽天先発の石橋

◆パ・リーグ 楽天―西武(3回裏終了雨天ノーゲーム)(10日・楽天生命パーク)

 10日の楽天対西武戦は、両軍無得点の3回終了時、降雨ノーゲームとなった。先発した石橋良太投手(29)は3回を投げ無安打無四球無失点。6連敗中と苦手にしている西武打線をパーフェクトに抑える快投を見せたが、実らなかった。

 ノーゲームが宣告された後も、楽天生命パークには大粒の雨が降り続いた。リモートで取材に応じた三木肇監督(43)は、静かな口調の中にも悔しさをにじませた。「石橋はいい球を投げていた。個人的な意見としては、もう少し見たかった」。3回完全の石橋に“結果”がつかなかったことを悔しがった。

 ぬかるむマウンドに苦心しながら、石橋が好投した。降雨の影響で試合開始(午後2時予定)が約17分遅れた。初回から、スパイクに大量の泥がついても動じなかった。「とにかくゾーンに強く投げることを意識した」。西武打線を恐れることなく、直球を主体に内角を攻め続けた。

 初回は3者凡退と万全の立ち上がり。2回もピシャリと抑えると、3回1死からは8番・外崎、9番・木村を2者連続三振。「足立さんが攻めのリードをしてくれて、とても投げやすかったです」と女房役の足立捕手に感謝した。

 この日の振り替え試合は12日に行われる予定(午後5時開始)。11日の同カードで負ければ、4位に転落する状況に変わりは無い。三木監督は「天気のことは仕方がない。また明日(11日)の試合に向けて準備しようという思いが強い」と気を引き締めていた。(高橋 宏磁)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請