珠城りょう、華麗なる七変化!初の女役&1人2役にも挑戦で見せ場たっぷり!!

スポーツ報知
「WELCOM―」のプロローグでのトップコンビ、珠城りょう(右)と美園さくら

 宝塚歌劇月組公演「WELCOME TO TAKARAZUKA―雪と月と花と―」「ピガール狂騒曲~シェイクスピア原作『十二夜』より~」がコロナに負けず、兵庫・宝塚大劇場を連日、盛り上げている。日本舞踊のショーで始まり、仏パリが舞台の喜劇で笑わせ、洋物レビューでフィナーレと色とりどり。月組トップスター・珠城りょうも、初の女役でしかも2役に挑むなど七変化を見せている。(ペン&カメラ・筒井 政也)

 季節外れの桜やスミレが、案外しっくりくる。本来、月組公演は第106期生のデビュー作として4月に始まる予定だった。約5か月延びての上演となったが、大劇場は6列目以降の市松模様をやめ、客席は通常に近い形での上演。和物ショーでの幕明けは、宝塚の本格的リスタートを祝うように、華やかでまぶしかった。

 本公演での和物ショーは宙組「白鷺の城」(2018年)以来。ファンでも苦手な方が少なからずいるが、最近の2年置きの上演ならば新鮮味が保たれていていい。珠城は劇団100周年の「宝塚をどり」(14年)以来6年ぶりだが「個人的には大好き。華やかさ、きらびやかさ、男役の若衆のあでやかさに引き込まれます」と意気に感じて臨んだ。

 歌劇の組名の元でもある日本の美の象徴「雪月花」を、それぞれにちなんだクラシック曲に乗せて踊る。「雪の巻」はヴィヴァルディ「四季」の「冬」。入団64年目で、本公演で退団するレジェンド・松本悠里(専科)の最後の舞。歴史に残るありがたい場面だ。

 「月の巻」はベートーベンの「月光」をボレロ調に。「新月が満月になるさまを。繊細で静かなメロディーが、徐々に力強くなる。人類の生のエネルギーというイメージ」と珠城。今にふさわしいテーマだ。「花の巻」はチャイコフスキー「花のワルツ」で、月城かなとが風間柚乃との合わせ鏡のように。「かなり冒険というか、ダイナミックに踊っていて斬新です」(珠城)。「星」「宙」も見たかった気が…。

 一方、「ピガール―」はパリを舞台にした祝祭劇。追手から逃れるために女性の姿を捨てた主人公ジャンヌ(珠城)が男装してジャックと名乗り、劇場「ムーラン・ルージュ」に裏方として従事。新作のヒロイン候補に出演を交渉するため悪戦苦闘するコメディーだ。

 珠城が初挑戦した「男装の麗人」が、チラリと女性らしさを垣間見せる点が肝。珠城はさらに別の男性役で出演し、終盤は大がかりのコントか新喜劇かという空気感で軽やかに笑わせた。珠城は「2役は1つの作品でお芝居が2倍楽しめる」と新味発揮を喜んでいる。

 また、レビュー小屋という舞台設定のため、暁千星の切れのあるパフォーマンスなどショーとしての見せ場もたっぷり。肩のこらない佳作で、気軽に楽しめる。個性派ぞろいの月組らしい、バラエティーに富んだ興行になっている。11月1日まで。東京宝塚劇場では11月20日~来年1月3日。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×