【DeNA】浜口遥大 2戦連続2回途中降板 3安打3四死球2失点

2回無死一塁、ジョー・ガンケルに死球を与え、ガックリの浜口遥大(カメラ・岩崎 龍一)
2回無死一塁、ジョー・ガンケルに死球を与え、ガックリの浜口遥大(カメラ・岩崎 龍一)

 ◆「JERAセ・リーグ公式戦」阪神―DeNA(10日・甲子園)

 DeNAの浜口遥大投手(25)がまだ序盤、2点ビハインドの2回1死満塁の場面で降板した。前週、3日の中日戦(横浜)に続き2回途中での降板となった。

 初回、先頭の近本に右前安打、2番・北條の三ゴロを宮崎が失策。糸井の中前適時打で先取点を奪われると、大山にも左前適時打を許した。

 2回は制球が定まらず小幡に四球、投手のガンケルに死球、近本に四球で満塁。北條を投ゴロに仕留めたが、ラミレス監督が主審に交代を告げた。

 2番手の進藤が1死満塁から連続三振でピンチを脱した。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請