久保建英は途中出場…ラストプレーで惜しいFK、相手GKにパンチングで初得点ならず

後半、攻め上がる久保(ロイター)
後半、攻め上がる久保(ロイター)

◆サッカー国際親善試合 日本0―0カメルーン(9日、オランダ・ユトレヒト)

 サッカー日本代表は今年初戦のカメルーン戦を0―0で引き分けた。新型コロナウイルスの影響で昨年12月以来の試合は、初めて背番号10をつけ先発したMF南野拓実(25)=リバプール=がゴールに迫ったが、無得点で後半26分に途中交代。木村和司氏に並ぶ歴代最長の出場6試合連続得点を逃した。MF久保建英(19)=ビリャレアル=は後半20分から途中出場も初得点はならなかった。次戦は13日、コートジボワールと対戦する。

 最後の最後に見せ場が訪れた。試合終了間際、右サイドの角度のない位置からのFK、久保は迷うことなく左足を振り抜いた。「壁の位置がよくなかったので、最後なので蹴ってみようかなと思いました」。強烈なシュートは枠をとらえたが、間一髪で相手GKにパンチングされ、代表初ゴールはまたもお預けとなった。

 出番が訪れたのは後半20分。U―23日本代表では定位置となっている、1トップ後ろのシャドーに入った。同39分には左サイドを深い位置まで突破して柔らかいクロス。わずかにFW大迫の頭を越えたが、好機を演出した。「もっと流れを変えないといけなかった。落ち着きだったり、いろんなことができた」と反省したが上々の25分間だった。

 自身は昨年10月以来、約1年ぶりの代表だった。この間にマジョルカでは4得点4アシストを記録するなど選手として大きく飛躍。コロナ禍での今遠征では「自分たちへの期待を結果、内容で返していくのが義務」と言い切るなど、強い言葉に自信がみなぎっていた。

 13日のコートジボワール戦では先発の期待がかかる。「あとは結果だけかなと思います」。待望の初ゴールは着実に近づいている。(井上 信太郎)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請