MF久保建英投入も…森保ジャパン今年初戦のカメルーン戦はスコアレスドロー

◆国際親善試合 ▽日本 0―0 カメルーン(9日、オランダ・ユトレヒト)

 日本代表の今年初戦となる国際親善試合・カメルーン戦は0―0でスコアレスドローに終わった。

 日本は前半19分、新たに背番号10を背負うMF南野拓実がペナルティーエリア内で左足シュート。同22分にもDF酒井宏樹からのクロスに右シュートを放ったが、相手DFにブロックされた。南野は後半26分までプレーしたが無得点。国際Aマッチの連続得点記録は5でストップした。

 技術や身体能力で上回るカメルーンに何度も自陣ゴール前まで攻め込まれた日本は、後半に入ってシステムを3バックに変更。右ウイングバックにMF伊東純也を投入して流れをつかんだ。同20分にはMF久保建英が途中出場。右シャドーの位置に入り、同39分には左サイド突破から中央に浮き球を送ったがFW大迫勇也にはわずかに合わなかった。後半ロスタイムには久保が直接フリーキックでゴールを狙ったが、相手GKの好セーブに阻まれた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請