【阪神】揚塩球団社長が辞任…コロナ騒動「けじめ」「私の責任。監督に責任はございません」

スポーツ報知
辞任を表明し会見で頭を下げる揚塩球団社長(代表撮影)

 阪神の揚塩(あげしお)健治球団社長(60)が9日、兵庫・西宮市内の球団事務所で会見を開き、12月1日をもって辞任することを表明した。9月下旬に複数の選手が新型コロナウイルスに感染した一連の騒動の責任などを取る形で「一日も早い混乱の沈静を願い」「私なりのけじめのつけ方」と説明。後任は未定で、球団内の内部昇格などを含めて人選を進めていく。

 激震が走った。揚塩球団社長が再三のコロナ騒動などの責任を取り、辞任を表明。「混乱を招いた球団内の最終的な責任者は私。私なりのけじめのつけ方としてご理解いただければ。申し訳ございませんでした」と深々と頭を下げた。

 3月下旬に藤浪をはじめとする3選手の新型コロナ感染が判明し、大人数で会食したことが問題に。さらに、9月下旬にも福留らが「4人まで」の球団ルールに違反する8人での食事会を開催。参加者に糸原、岩貞といった感染者がいたことで明らかになり、同日に別の飲食店で会食したメンバーを合わせて計10人が登録抹消される事態に陥った。

 管理体制が問われる状況で同社長は「今回のチーム内の感染を受けまして、球界全体にご迷惑をおかけしたという事実は否めません」と藤原オーナーに辞意を申し入れ、承諾された。感染者が回復して2軍に合流したタイミングで「早い混乱の収拾を願ってということがひとつ。選手たちが幸いにも重症に至らず、健康体で戻って参りました」と発表に至った。

 後任については未定。大阪市内の電鉄本社で取材に応じた藤原オーナーは「12月1日までには決めます。総合的に考えながらやっていきたいとは思います」と内部昇格などを含めて人選していく意向を口にした。

 球団は9月に規則に反した選手らにリポート提出を義務づけ、個別面談を終え次第、内規にのっとって処分する方針。また、今後は遠征先での一切の外食を禁止し、さらなる感染予防を行う。揚塩球団社長はこの日、矢野監督に「フィールド外についてはフロント、フロントのトップである私の責任。監督には責任はございません」と伝え、1軍選手にもあいさつした。17年12月に就任し、今季は3年目。志半ばでトップの座を退く。

 ◆揚塩 健治(あげしお・けんじ)1960年1月31日、大阪府生まれ。60歳。大阪府立大から83年に阪神電気鉄道株式会社に入社。甲子園球場長などを経て、2009年に株式会社阪神タイガース常務取締役。11年に一度球団を離れ、阪急阪神ビルマネジメント株式会社取締役・常務執行役員に就任。関連会社社長などを歴任した後、阪急阪神ビルマネジメント社の代表取締役・副社長執行役員から17年12月1日付で現職。

 ◆阪神の今季の主なコロナ禍に関連する騒動

 ▽3月 26日に藤浪がPCR検査を受け、球界初の陽性判定。翌27日には長坂、伊藤隼も陽性判定。感染経路として疑われているのは同14日に大阪市内の知人宅で行われた会食。嗅覚などに異常が生じた。入院、自宅待機を経て4月23日に会見で謝罪。

 ▽7月 15日、西勇が三重県内のホテルで5月3日に30代の女性ファンと密会していたことが判明。球団は政府による緊急事態宣言発令下であったことを問題視して「厳正に処分」。西勇も球団を通じて謝罪。

 ▽9月 25日に主将の糸原ら計7人の新型コロナ感染を発表。同19日の試合後、名古屋市内の飲食店を貸し切って糸原、福留らが球団の規定違反となる8人で会食していたことが判明。集団感染を引き起こし、25日のヤクルト戦(神宮)は19人の大量入れ替えが発生。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請