紗倉まならセクシー女優と飲める「SOD LAND」、新宿・歌舞伎町に10日オープン

「SOD LAND」のプレス内覧会に出席した野本ダイトリ社長(中央)と女性キャストたち
「SOD LAND」のプレス内覧会に出席した野本ダイトリ社長(中央)と女性キャストたち
水着姿のセクシーバーテンダーがマジックミラー越しに登場する「SILENT BAR」
水着姿のセクシーバーテンダーがマジックミラー越しに登場する「SILENT BAR」

 オリジナル映像ソフトの制作などを行うソフト・オン・デマンド(SOD)は10日、飲食店事業の旗艦店として、新型コロナウイルス感染対策に全力を尽くした大人のテーマパーク「SOD LAND」を東京・新宿区歌舞伎町にオープンする。9日はプレス内覧会が行われた。

 SOD創業者の高橋がなり氏が製作総指揮で、地下1階~4階の5フロアを全て異なるコンセプトにした飲食ビル。デビュー前またはデビューしたての新人女優が店員を務める「SOD女子社員酒場ウブ新入社員店」(地下1階)をはじめ、コロナ禍で打撃を受けた風俗業界と連携した「風俗研究所『カクブツサロン』」(2階)、有名セクシー女優とゆったり飲める「SOD Syain Bar KABUKICHO」(3階)、そして私語一切厳禁・マジックミラー越しに水着美女を堪能できる「SILENT BAR」(4階)などからなる。

 感染防止へ「歌舞伎町で最高レベルの対策」を施す。客席総数108席のところ、密を避けるため64席に減らす。接客は基本的にアクリル板越しで、感染症対策に詳しい医師の指導の下、女性キャストも客もマスクをつけずに会話を楽しめる距離や角度を工夫。アクリル板を急きょ15センチ伸ばすなど、細部にわたって調整してオープンを迎える。

 他にも、入店時は全身にくまなく消毒液を噴霧するが、アルコールフリーなので、吸い込み・誤飲をしても悪影響はないという。AIで顔を認識し、マスク着用のままでも非接触で検温。殺菌効果の高いUV―C紫外線を室内上部に照射し、人がいる空間でも24時間365日安心・安全に空気環境対策が可能だ。室内エアコンには特殊なフィルターを設置し、きれいな空気を循環させる。

 SODの野本ダイトリ社長(39)は「AV業界もコロナで3か月くらい撮影が止まってしまい、仕事がなくなった女の子もいる。そういう子たちが働ける救済の場になればいいと思う。お客さんには女の子のファンになって、応援してほしい。家に帰ってその子のAVを見た時に、何倍も楽しめるような演出にしたい」と話した。

 店では同社の「SODstar」の紗倉まな、古川いおり、戸田真琴、小倉由菜、本庄鈴、唯井まひろ、永野いち夏、青空ひかり、白川ゆず、朝比奈ななせ、夏目響たち有名セクシー女優と、飲みながらゆっくり話すことができる。

 アクセスは西武新宿駅から徒歩1分、JR新宿駅から徒歩5分。料金システムは入館料〈1〉が5000円(税別)で、地下1階か2階で使えるドリンク1杯と2品付き。混雑時は時間制限を設ける場合もある。ショートプランの入館料〈2〉は60分2500円(税別)でドリンク1杯にDVD付き。空いてるフロア・席への案内となる。退館時間の案内はなし。60分経過後は30分ごとに1000円。オープン記念として10月末まで毎日先着入場者30人にプリクラ撮影プレゼント。詳細は公式サイトで。

 SODは2018年5月に「女子社員酒場」(秋葉原)、昨年5月に「Syain Bar」(新中野)をオープンし、連日大入りとなる人気だった。

「SOD LAND」のプレス内覧会に出席した野本ダイトリ社長(中央)と女性キャストたち
水着姿のセクシーバーテンダーがマジックミラー越しに登場する「SILENT BAR」
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請