長州力、「かませ犬」38周年記念日に「ハッシュドタグ」展の開催を発表…金曜8時のプロレスコラム

「HushDtag展」
「HushDtag展」

 10月8日は長州力(68)の革命記念日だった。38年前の1982年10月8日に東京・後楽園ホールで、メキシコからの凱旋帰国試合となった6人タッグマッチで藤波辰爾(当時・辰巳)と仲間割れし、師匠のアントニオ猪木に反旗を翻した。そこで長州は「俺はお前のかませ犬じゃない」との名言を吐いたとされる。言ってない説が根強いが、プロレス史では革命と名言の記念日として刻まれている。

 コロナ禍でもあり、記念日にイベントはなかったが、所属事務所からリリースが届いた。長州力ポップアップイベント「HashDtag展」が東京・池袋PARCO別館P’PARCO1F特設会場で16日から26日までの期間限定で開催されるという案内だった。

 「長州力公式Twitterから発せられた『ハッシュドタグ』『井 長州力』というパワーワードをきっかけに、連日報道関係の皆様に何かしらのニュースの記事をアップしていただき、それによってプロレス全盛期を知らない若年層の方々にも認知されるようになりました。そして皆様のお力で今回のようなイベントに繋がりましたことを心より感謝しております」

 そうなのだ。長州はリングで名言の数々を生みだしファンとマスコミを喜ばせてきたが、引退してからはツイッターで“迷言”をつぶやいて世間を騒がせている(というより我々マスコミが面白おかしく引用していじっている)。その中でも今年3月12日に発信された傑作中の傑作、「ハッシュドタグ」(ハッシュタグの間違い)と「井 長州力」(♯の間違い)がアート展になりグッズが販売されるというのだ。

 本人からのコメントはこうだ。「なんか大袈裟なことになっていますね。イベントをやることは知っていましたがクリスマスシーズンにやると思っていました。なぜハロウィンの時期にやるのか。ちょっとその不安はありますね。クリスマスがよかったですね。でもみんな一生懸命やっていますし、本当に感謝しています。コロナもまだまだ大変です。マスクなどの感染対策には気を付けながら会場にきてくださいね。ハッシュドタグ? もういいでしょう。ちょっと間違えただけですから」

 「HashDtag」グッズはバッジ(330円)、タオル(1650円~)、Tシャツ(4400円~)などがあるがクッション(3850円)は表に「井」、裏には名言の数々が書かれている。「キレてないですよ」「それがお前のやり方か?」など、名場面が思い浮かぶ。イベント会期中には、長州力本人による館内放送もあるというから、その滑舌と新たな名言に耳を澄ませたい。

 夜に長州のツイッターをチェックすると「今夜は久しぶりに家内と二人でイタ飯です! 冷たい雨でしたが会話は熱く盛り上がりましたね!、、、払いは! 俺かい! いつもご苦労さまです!」と革命記念日に夫婦2ショットを投稿。15日には後楽園ホールで、裏方として田村潔司(50)=U―FILE CAMP=とともにプロデュースする「GLEAT(グレイト)」がプレ旗揚げ戦「GLEAT Ver.0」を開催する。革命から38年。新団体には長州のインパクトを超えて欲しいと願うが、存在がグレイトすぎる…。(酒“井” 隆之)

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請