【日本ハム】杉浦稔大が9日のオリックス戦に先発 吉田正、モヤを警戒「ポイントになる」

試合前練習でキャッチボールをする杉浦稔大
試合前練習でキャッチボールをする杉浦稔大

 日本ハムの杉浦稔大投手(28)が、9日のオリックス戦(札幌D)に先発する。

 ここまで自己最多の6勝(3敗)を挙げている右腕。オリックスとは7月30日以来の対戦となるが、「吉田正尚は相変わらず打率が高いし、(前回)僕が投げていた時にはまだモヤがいなかった。そこはまた1つポイントになるかなという気はしています」と警戒した。

 この日は、札幌Dで短距離ダッシュなどを行って最終調整。「気負うことなく試合にすんなり入っていけたら。ここのところ6回くらい(での降板)が多いので、7回、8回も球数によってはいきたい気持ちは常に持っている。なるべく長い回を投げられるように」と意気込んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請