「第50回関西秋季大会」の組み合わせが決定!主将のみの超異例抽選会

拳を握り闘志を表す中学生の部主将ら
拳を握り闘志を表す中学生の部主将ら
記念撮影に臨む小学生の部主将ら。ピースサインでやるぞと気合!?
記念撮影に臨む小学生の部主将ら。ピースサインでやるぞと気合!?

 「第50回関西秋季大会」(報知新聞社など主催、10月17日開幕・淡路佐野運動公園野球場ほか)の組み合わせ抽選会が4日、大阪市内のゼット本社で行われた。昨年は2回戦で対戦し、接戦を演じた播磨ボーイズ(兵庫県支部)と枚方ボーイズ(大阪北支部)が初戦で激突するなど、好カードがそろった。前日3日に行われた同大会京都府支部代表決定戦は、京都南山城ボーイズと京都嵯峨野ボーイズが制し、代表切符を獲得した。

 秋の関西ブロック制覇へ、静かに闘志を燃やした。新型コロナ感染防止のため、各チーム主将(もしくは代理選手)のみが参加し行われた今年の抽選会。これまでは対戦が決まるたびにどよめきが起こったが、今回はマスクを着用した選手らは、ほぼ無言。付き添いのチーム関係者も不在だったため、白紙のトーナメント表にチーム名を熱心に書き込む姿が印象的だった。

 小学生の部は、各支部で予選を行わず全21チームが出場し、NO1チームを決める。初戦(2回戦)で強豪・滋賀大津と対戦が決まった泉州・芽木主将は「今、チームの調子はめっちゃいいので、勝つ気持ちでいく」と気合。高石と対戦する大淀・田中も「練習してきた成果をしっかり出したい。目標はてっぺんです!」と宣言した。1回戦の相手が奈良葛城に決まったナガセ・夏山主将も強気。「練習試合で勝った相手だが、気を抜かず戦いたい。6年生1人がケガをしているので、彼のぶんまで頑張って優勝したい」と言い切った。

 一方、中学生の部は各支部の予選を勝ち抜いた24チームで頂点を争う。1回戦で阪神と戦う滋賀栗東・堀井主将は「状態もいいので、勝ちたい。目標は4強入りしタイガースカップに出ること」ときっぱり。2回戦から登場し堺中央と対戦する橿原・八尾主将は「相手は強いが、橿原の野球を貫き関西NO1を目指す」と前を向いた。

京都二条宣誓 選手宣誓は京都二条の山田主将が行うことも決定。また、感染予防の観点から、開会式は初日の第1試合に出場する16チームのみが参加し行うことも確認された。

拳を握り闘志を表す中学生の部主将ら
記念撮影に臨む小学生の部主将ら。ピースサインでやるぞと気合!?
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請