近大・佐藤輝明、ソフトバンク&中日と面談 鷹「王会長が好きなタイプ」竜「トリプルスリー狙える」

近大の佐藤輝明(右)と面談した中日の山本アマスカウトチーフ補佐
近大の佐藤輝明(右)と面談した中日の山本アマスカウトチーフ補佐

 26日のドラフト会議で巨人の1位候補に浮上している近大・佐藤輝明内野手(4年)が7日、奈良・生駒市内の同大学グラウンドで、ソフトバンク、中日と面談した。

 約30分面談したソフトバンクの福山アマスカウトチーフは、王球団会長が、ほかの候補選手とともに佐藤を映像でチェックしたと明かし「会長が好きな(スラッガー)タイプ」と断言した。

 佐藤は外野もこなせるが「外野というのは考えていません。うちには松田という素晴らしい選手がいますし、次世代というと、チームにマッチする選手。打てる野手という部分では、高い評価をしている。ドラフトの中のキーマンであることは間違いない」と“ポスト熱男”として期待を寄せた。

 柳田の広島経大4年時と比較し「パワーという点においては魅力はある。身体能力や体(186センチ、92キロ)のスケールは似たものがある」と、ラブコールを送った。

 約10分の面談を終えた中日の山本アマスカウトチーフ補佐は「野手では一番、評価させてもらっている、と伝えた。トリプルスリーを狙える選手で規格外のパワーをしている。あれだけの体があって、身のこなしがいい」と絶賛した。

 佐藤はソフトバンクについて「選手層が厚くて、選手が活躍している。育成面、環境がすごい」と、印象を口にした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請