【ソフトバンク】4連勝でストップ 10月初黒星でロッテとのゲーム差は2で変わらず

5回、周東の失策で満塁のピンチを背負い、マウンドにしゃがみ込むソフトバンク・千賀
5回、周東の失策で満塁のピンチを背負い、マウンドにしゃがみ込むソフトバンク・千賀

◆パ・リーグ 西武3―1ソフトバンク(6日・メットライフドーム)

 ソフトバンクは西武に競り負け、連勝が4でストップした。2位・ロッテもオリックスに敗れたため、2ゲーム差は変わらなかった。

 先発のエース・千賀は、毎回のように走者を背負う苦しい投球。周東の失策も絡んだ5回1死満塁で、森に先制の右犠飛を許した。6回2安打1失点(自責0)とゲームは壊さなかったが、自己ワーストタイの7四球。「四球が多く、試合の中で修正しようとしたが、うまくできなかった。今日のような投球では勝てない」と反省した。

 一方の打線も5回まで高橋光に無安打に封じられるなど沈黙し、千賀を援護できず。9回に1点を返すのが精いっぱいだった。「(高橋光の)フォークを意識しすぎた。直球で見逃し三振とか裏、裏をかかれたなという印象です」と工藤監督も肩を落とした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請