三浦春馬さん遺作ドラマ、最終回で追悼メッセージ「春馬くん ずっと大好きだよ」随所に故人しのぶ演出

スポーツ報知
三浦春馬さん

 7月18日に亡くなった俳優・三浦春馬さん(享年30)の遺作となった、女優・松岡茉優(25)が主演を務めるTBS系連続ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」の最終回が6日午後10時から放送された。ドラマでは、最後に「春馬くん ずっと大好きだよ キャスト・スタッフ一同」と、作品内で笑顔で猿渡慶太役を好演していた三浦さんの写真とともにメッセージで追悼した。

 最終回は三浦さんは回想シーンでの登場のみだったが、松岡演じる九鬼玲子が「会いたいみたいです。猿渡さんに」とせりふを語ったり、ホタルが舞ったりと、随所に三浦さんをしのぶ演出がされていた。

 ツイッター上には「春馬クン… もう涙が溢れます。でも…最終回。ちゃんとちゃんと観るね」「三浦春馬くんが、かっこよくて可愛くて苦しい…こんな、ツイートも今日までかと思うと…」「もう切ない。みんな猿渡さんに言ってるんだか、春馬くんに向けて言ってるんだか分からない。お父さんとお母さんのセリフ泣く」などの書き込みが相次ぎ、日本のトレンド1位になった。

 同ドラマは、脚本家・大島里美さんが書き下ろしたオリジナル作品。松岡演じるシビアな金銭感覚を持つ九鬼玲子と、三浦さん演じるお金にルーズな御曹司・猿渡慶太との「じれキュン」ラブコメディー。三浦さんは亡くなる前日まで撮影に参加しており、代役を立てずに全4話で完結した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請