【関西六大学】公式戦初先発の大院大1年生・山崎尚也が8回2失点の好投「やるしかないと思って」

公式戦初先発で8回6安打8奪三振2失点と好投した大院大・山崎尚也投手
公式戦初先発で8回6安打8奪三振2失点と好投した大院大・山崎尚也投手

◆関西六大学野球秋季リーグ戦 ▽第5節 大阪学院大5X―4神戸学院大=9回サヨナラ=(6日・ほっともっとフィールド神戸)

 公式戦初先発の大院大・山崎尚也投手(1年)が8回6安打8奪三振2失点と好投した。変化球を巧みに操り、5回には3者連続三振。「わりとリラックスできた。やるしかないと思って」とはにかんだ。

 秋季リーグから公式戦で登板し始めたルーキー。3試合目で先発を任された。勝利投手は逃したが「勝てるピッチャーになりたい。(次は)最後まで投げきりたい」と、自信をつけた。チームを背負う覚悟は十分だ。

 打ってはプロ志望届を提出した脇屋紀之左翼手(4年)が4打数3安打1打点2得点の活躍で1年生投手を援護した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請