【BCリーグ】埼玉武蔵・田沢純一、最速150キロ…ドラフト指名へスカウト高評価

中継ぎで登板したBC埼玉武蔵・田沢(カメラ・灰原 万由)
中継ぎで登板したBC埼玉武蔵・田沢(カメラ・灰原 万由)
田沢純一の年度別メジャー成績
田沢純一の年度別メジャー成績

 米大リーグ・レッドソックスなどで活躍したBCリーグ・埼玉武蔵の田沢純一投手(34)が5日、バッティングパレス相石スタジアムひらつかで行われた神奈川とのダブルヘッダー第1試合にリリーフで登板。1回を無安打無失点と好投し、最速は150キロをマークした。

 4点ビハインドの5回から2番手でマウンドへ。直球を軸にスライダーなど変化球を織り交ぜ、わずか7球で3者凡退に抑えた。メジャーとは異なるボールやマウンドに対応していくことを課題に挙げ「状態は悪くはない。内容も良かった」と手応えを口にした。

 先月、NPB実行委員会でドラフト拒否選手に対する復帰制限(通称・田沢ルール)の撤廃が決定。当初は最短で22年シーズンからしかNPBでプレーできなかったが、26日のドラフト指名を経ればNPB入りが可能になった。この日は巨人とDeNAのスカウトが視察。DeNAの河原スカウティングディレクターは「きれいな真っすぐだった。抑えやセットアッパーとして即戦力で使える」と絶賛。巨人の野間口スカウトも「以前見た時より真っすぐが強くなっていた。抜け球も少なく、日本のマウンドにもアジャスト出来つつある。誰もが持っていない経験も大きな強みになる」と評価した。

 田沢は「いろんな人に感謝していますが、(ドラフトは)あまり意識はしていない。引き続き、このユニホームを着て頑張るだけ。プレーで恩返ししていけたら」と気を引き締めた。(灰原 万由)

 ◆田沢 純一(たざわ・じゅんいち)1986年6月6日、神奈川・横浜市生まれ。34歳。横浜商大高から新日本石油ENEOSを経て2008年12月にレッドソックスと契約。09年にメジャーデビューし、13年にはワールドシリーズ制覇に貢献。今年3月にレッズを自由契約となり、7月にBC埼玉武蔵に入団。180センチ、90キロ。右投右打。

中継ぎで登板したBC埼玉武蔵・田沢(カメラ・灰原 万由)
田沢純一の年度別メジャー成績
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請