箱根駅伝予選会 スーパールーキー中大・吉居大和&順大・三浦龍司らメンバー入り

昨年の予選会でスタートする選手たち
昨年の予選会でスタートする選手たち

 箱根駅伝を主催する関東学生陸上競技連盟(関東学連)は5日、第97回箱根駅伝予選会(10月17日、東京・立川市)に出場する大学と登録選手を発表した。

 ハーフマラソン(21・0975キロ)の上位10人の合計タイムで10枠の本戦出場権を争う予選会は例年、陸上自衛隊立川駐屯地をスタート、立川市街地を回り、国営昭和記念公園ゴールの公認コースで開催されているが、今回は新型コロナウイルス感染防止対策として、無観客で陸上自衛隊立川駐屯地内の1周約2・6キロの滑走路を周回するハーフマラソン(公認コース申請中)で行われる。各校14人以内を登録し、当日に12人以内が出走する。

 7月のホクレンディスタンス千歳大会5000メートルで今季日本人学生最高でU20(20歳以下)日本記録の13分28秒31をマークした中大の吉居大和、同大会で3000メートル障害日本歴代2位でU20日本記録の8分19秒37と快走した順大の三浦龍司と2人のスーパールーキーが順当にメンバー入りした。トラックで抜群の強さを見せる吉居と三浦が初のハーフマラソンでどんな走りをするか、注目される。

 古豪、新興校が入り交じって今回も激戦が必死だ。

 名門の日体大は前回1区3位のエース池田耀平(4年)を中心に継続中としては大会史上最長の73年連続(73回目)の出場を目指す。大会歴代2位タイの89回の出場を誇る日大は前回6区4位の宮崎佑喜(4年)ら数人の主力が登録メンバーから外れる苦しい布陣となった。前回の予選会で17位に終わり、34年連続出場を逃した山梨学院大は1万メートルチーム最速の28分8秒10の自己ベストを持つケニア人留学生のボニフェス・ムルア(2年)が登録メンバーから外れた。

 前々回、前回と2年連続で次点に泣いた麗沢大はエース杉保滉太(4年)を軸に「三度目の正直」で悲願の初出場を狙う。法大時代に箱根路を沸かせた徳本一善監督(41)率いる駿河台大も、中学校体育教師を休職して3年に編入した30歳の今井隆生らが初の箱根路に向けて意欲満々だ。

 これまで、前年の1月1日から申し込み前日までの有効期間内に1万メートル34分以内の公認記録を有する選手に参加資格が与えられていたが、今回は1万メートル34分以内の公認記録に加え、5000メートル16分30秒以内の公認記録でも参加が認められる。5000メートルの記録が認められることで高校時代には1万メートルを経験する機会が少なかった1年生にも出場のチャンスが大きく広がった。また、出場権の審査対象となる選手と予選会に出場登録する選手が異なることも認められ、参加資格を持つ選手が10人以上いる大学は出場できる。出場資格条件が緩和されたことで、出場校は前回(43校)から3増の46校となった。

 外国人留学生ランナーは登録が2人まで、出場が1人まで。今回は外国人留学生ランナーを2人登録したチームはない。

 予選会で敗退した大学の中から個人成績上位者を中心に関東学生連合チームが編成される(1校1人限定で外国人留学生を除く)。

 96回箱根駅伝で2年ぶり5度目の優勝を果たした青学大をはじめ10位以内の大学はシード校として出場権を獲得している。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請