近畿大学サッカー部員5人の大麻使用が発覚…部は無期限活動停止に

スポーツ報知
サッカー部員5人の大麻使用発覚について大阪市内で謝罪会見を開いた、近畿大学の(左から)鹿田昌司スポーツ振興センター事務長、渥美寿雄副学長・学生部長、サッカー部・松井清隆監督(カメラ・筒井 政也)

 近畿大学(大阪・東大阪市)は5日、サッカー部の男子学生5人が大麻を使用していたと発表した。学内調査によって部員が使用を認めたため、サッカー部は今月1日から無期限の活動停止に。関西学生サッカー連盟主催の本年度リーグ戦の残り日程の出場は辞退する。

 先月30日、サッカー部員からコーチに「部内に大麻を使用している者がいるというウワサがある」と報告があり、今月1日に部員らに事情を聴いたところ事実と判明。同日午後に警察に連絡したという。

 学生の申告によると、学生Aは昨年12月から今年5月にかけて、SNSを通じて売人と接触して大麻を購入。自宅で5、6回使用した。B、C、Dの3人はAの自宅で大麻をもらって使用。B、Dは1回、Cは2回使用した。Eは昨年10月、大阪市内のクラブで知り合った人物にもらい、クラブ付近の路上で1回使用したという。

 近大では調査チームを立ち上げ、さらに詳しい調査を進め、学生や指導者、部への処分は今後、学内規定に則って決定する。

 サッカー部は1972年創部。現在、部員62人(選手58人、マネジャー4人)。2019年の第97回関西学生サッカーリーグ1部リーグでは8位だった。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請