【仙台六大学】仙台大が逆転勝ち。川村友斗の3ラン&宇田川優希13K完投

勝利に貢献した仙台大の川村
勝利に貢献した仙台大の川村

◆仙台六大学野球秋季リーグ ▽仙台大4-2東北学院大(4日・東北福祉大野球場)

 仙台大の投打の華が仕事を果たし、4―2で東北学院大に逆転勝利した。MAX152キロのドラフト候補右腕・宇田川優希投手(4年)=八潮南=が、再三走者を背負いながらも2失点13奪三振で完投。逆転を許した3回には、昨秋の打率&打点の2冠王、川村友斗右翼手(3年)=北海=が右越え3ランで再逆転した。

 2勝先勝の勝ち点制から全10試合の勝率制に変更された今季は、1敗が大きく優勝の行方を左右する。前節で宮城教育大に2―3で敗れており、最終節の首位・東北福祉大戦までこれ以上負けられない状況だ。初回いきなり無死満塁のピンチも、宇田川は「必ず0点に抑える」とギアを上げ、今リーグ戦最速タイとなる148キロの直球で3者連続三振。その後、連打を浴びながらも不動心で140球を熱投した。エースは「1試合も落とさず、最終節へ行きたい」と話した。(彩)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請