【首都大学】日体大が開幕3連勝 ドラフト上位候補の155キロ右腕・森博人が7回1失点でアピール

東海大戦に先発した日体大・森博人
東海大戦に先発した日体大・森博人

◆首都大学野球秋季リーグ戦第3日 ▽日体大4―2東海大(3日・牛久運動公園野球場)

 今秋ドラフト上位候補の日体大の155キロ右腕・森博人(4年=豊川)が先発し、7回6安打1失点の好投。今季2勝目を挙げ、視察したプロ8球団のスカウトにアピールした。

 この日は最速152キロを計測した直球とカットボールを軸に緩急をつけた投球で相手打線をほんろう。「結果として勝つことはできたが、自己採点は60~70点くらい」と6回の失点を悔やんだが、失点を許したこの回以外は毎回の7奪三振と力で圧倒した。

 チームは開幕3連勝で優勝へ大きく前進。「まず明日の桜美林大戦に勝って、来週の最終戦(筑波大戦)に臨みたい。一つ一つ勝っていくだけ。優勝目指して頑張ります」と、17年秋季以来の優勝に貢献することを誓った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請