【清水】大分にまさか・・・GK大久保奮闘好セーブ連発も3連敗

前半26分に清水FWドゥトラが1―1とする右足シュートを決める
前半26分に清水FWドゥトラが1―1とする右足シュートを決める
清水の大分戦 先発布陣
清水の大分戦 先発布陣

◆明治安田生命J1リーグ第20節 大分2―1清水(3日・昭和電工ドーム大分)

 清水エスパルスはアウェーで大分に1―2で敗れた。前半26分にFWドゥトラが同点弾を決めるも、後半31分に勝ち越された。09年を最後に公式戦6戦負けなしだった相手に敗れ、今季3度目の3連敗だ。

 猛攻をしかける大分に、守備陣が奮闘した。前半41分にはペナルティーエリア内で抜け出した大分MF田中のシュートを大久保が好セーブ。後半24分にもクロスからペナルティーエリア内で頭で合わされたところを大久保がビックセーブ。反撃の糸口をつかめないまま、同31分、決勝弾を献上。クラモフスキー監督(41)は「残念。コントロールを失った」とため息をついた。

 守備の改善は一向に見られず、チームの特色に掲げる攻撃サッカーも日に日に迫力がなくなっている。ドゥトラのゴール後、後半のシュートは43分、FKからDFバウドのヘッドのみ。勝ち点3を求め、苦しい戦いが続く。(山田 豊)

試合詳細
前半26分に清水FWドゥトラが1―1とする右足シュートを決める
清水の大分戦 先発布陣
すべての写真を見る 2枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請