三原舞依566日ぶり実戦で3位発進「イッツ・マジック」笑顔でフィニッシュ 3本着氷

演技を終え笑顔が弾ける三原舞依(代表撮影)
演技を終え笑顔が弾ける三原舞依(代表撮影)

 ◆フィギュアスケート 近畿選手権 第2日(3日、大阪府立臨海スポーツセンター)

 17年四大陸選手権女王で昨季は体調不良で全休した三原舞依(21)=シスメックス=が566日ぶりに競技会の氷上に戻ってきた。神戸市で3月17日にフリーのみで行われた地方大会以来の実戦となる女子ショートプログラム(SP)が行われ、59・69点で3位スタートを決めた。

 三原は18―19年シーズンに使用したデービッド・ウィルソン氏振り付けの「イッツ・マジック」を滑った。冒頭の3回転ルッツ―2回転トウループの連続ジャンプ、2回転半、3回転ループとすべてのジャンプを着氷した。演技が終わると笑顔で、両手を突き上げた。無観客開催だが、関係者から拍手が起きた。

 昨季はすべての試合を欠場した。今年になり体調が戻ってきた頃に、新型コロナウイルスの影響でリンクが閉鎖。オフの間は思うように滑り込むことは難しい状況だった。自粛期間中は、柔軟を欠かさず、コツコツと体幹を鍛えた。筋肉を一から作り直した。「少しでも元気って思える時は、絶対に氷に乗りたいなと思っていた」。氷上練習を再開した直後は後ろ重心になり、バランスを取ることにさえ苦労したが、7月には3回転ループとサルコーを跳べるまでに戻していた。

 どんな時も「スケートが大好き」という気持ちは変わらなかった。今もその思いが三原を支えている。今季は2022年北京五輪のプレシーズン。「戦いにしっかり参加できるように練習を積まないといけない。感謝の気持ちを持って、スケートをしっかり楽しんで、笑顔で滑ることを忘れずにいたい」。

 4日に女子フリーが行われる。今大会は12月の全日本選手権(23~27日、長野ビッグハット)の予選会を兼ねたブロック大会。上位9人が西日本選手権(10月29日~11月1日、京都アクアリーナ)に進む。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請