青山聖佳が女子400メートルで連覇達成も「悔しい気持ちの方が強い」

優勝した青山聖佳(カメラ・相川 和寛)
優勝した青山聖佳(カメラ・相川 和寛)

◆陸上 日本選手権・第2日(2日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)

 女子400メートル決勝は青山聖佳(24)=大阪成蹊AC=が53秒55で2年連続3度目の優勝。序盤から積極的にレースを引っ張り、終盤の松本奈菜子(東邦銀行)、高島咲季(青学大)の追い上げを振り切った。1日の予選では53秒22で、決勝でタイムを落としたことに「納得いくものではないです。悔しい気持ちの方が強いです」と苦笑いを浮かべたが、女子ロングスプリント界の日本のエースは「この後の大会で自己ベストを更新することと、日本記録に少しでも近づくように頑張っていきたい」と先を見据えた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請