男子1500mは館沢亨次が2年ぶり3度目の優勝「横田コーチのおかげ」

優勝した館沢亨次(中央)(カメラ・相川 和寛)
優勝した館沢亨次(中央)(カメラ・相川 和寛)

◆陸上 日本選手権・第2日(2日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)

 男子1500メートル決勝が行われ、17、18年大会王者の館沢亨次(DeNA)が3分41秒32で2年ぶり3度目の優勝を果たした。2位は的野遼大(三菱重工)で3分41秒82、3位は楠康成(阿見AC)で3分41秒89だった。

 レースはスタートから館沢が引っ張る展開。的野や予選で全体トップのタイムをマークした舟津彰馬(九電工)らが後方に待機してスパートのタイミングをうかがう中、自ら流れを作ることでレースを支配。誰にも先頭を譲らずに最後まで走り切り、絶対的な強さを見せた。

 2年ぶり3度目の優勝を果たした館沢は「タイムは今ひとつでも勝負のレースとしては良かった」と安堵(あんど)の表情。ペースとしては1周ごとに57秒、59秒、59秒と刻んでスパートし3分40秒切りを目指していたという。目標には届かなかったが「今までは周りが作ったペースに乗って、その後どうなるか、他人に合わせていた。今回は自分で作ると決めていたのでやることはクリアだった」と貫禄の勝利を振り返った。

 今季は7月の東京選手権あたりから復調。「自信を取り戻すまで見守ってくれた」と指導する男子800メートル前日本記録保持者の横田真人氏(TWOLAPS)に感謝。勝負に徹してスパートまで後方待機する作戦もあったが、「横田コーチから『世界と戦うのであればそれではダメ。失敗してもいいから思い切って行こう』と言われて、自分も『よし行こう』と思った。本当に横田コーチのおかげ」。師弟の思いが重なり、日本一への道を作った。

 先頭のラップタイムは以下の通り(手元)。

 ▽400メートル=58秒3

 ▽800メートル=1分59秒3(61秒0)

 ▽1000メートル=2分30秒5

 ▽1200メートル=3分0秒8(61秒5)

 ▽1500メートル=3分41秒4(40秒6、館沢)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請