男子・日野龍樹が引退決断「今季か来季で最後に」…ジャパンOP前日練習 

日野龍樹
日野龍樹

 フィギュアスケートの「ジャパンオープン」は3日、さいたまスーパーアリーナでコロナ禍では国内で初めて観客を動員して開催される。2日は会場で前日練習が行われ、取材に応じた男子の日野龍樹(25)=中京大=が「僕のスケート人生で最後のフリーになると思う」と現役引退を決断したことを明かした。「体の限界も割と見えてきた。もう最後だからと自分に言い聞かせたら、ここ1、2年なら頑張れる、ぎりぎりの精神的、身体的にきてる。それより先はできないだろうなって思った。このシーズンか、次のシーズンで終わると思う」と語った。

 フリー曲は映画「トゥルーマンショー」で、2位だった9月の中部選手権で初披露した。2006年世界選手権で2連覇した男子のステファン・ランビエル氏が使用した曲で、「もう15年前だけど、いつか使えたらとずっと思ってて、まだ自分には早いなと思ってた曲」と説明。「どのみちフリーは変わらないし、選び損ねた、この曲で(現役を)終わりたい。やっと使えるうれしさを氷の上で表したい」と思いを語った。

 3日の試合に向け、「長年応援してくださってありがとうございます」とファンへの感謝も語り「ジャパンオープン出場の連絡があった時は自分が出場する側とは思ってなかったので、出られると思った時はびっくりしたし、とてもうれしかった。出るからにはベスト100%、120%出さないといけない。その準備は何とかしてきたつもり。ジャンプがうまくいこうが、そうでなかろうが最後まで全力で走り切る」と力強く意気込んだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請