「Mステ」初登場のwacci 「別の人の彼女になったよ」がロングヒットを遂げたわけ 

「別の人の彼女になったよ」がロングヒット中のwacci
「別の人の彼女になったよ」がロングヒット中のwacci

 5人組バンド「wacci(わっち)」が2日、テレビ朝日系音楽番組「ミュージックステーション 3時間スペシャル」(午後7時スタート)に出演する。wacciが「Mステ」に登場するのは、今回が初めて。歌唱曲「別の人の彼女になったよ」は、18年に配信リリース。2年の時間をかけてじわじわと人気を拡大し、現在は“ベツカノ旋風”が発生している。

 満を持して「Mステ」初出演を飾るwacci。ここまでの道のりは、長く険しいものだった。ボーカル・橋口洋平は、もともと他のバンドでデビューした。脱サラして挑んだが、CDが思うように売れず、挫折を経験。その後、09年にwacciを結成した。当時、橋口は会社員、ドラム・横山祐介は大手通信会社のSEで、昼休みにリハーサルして仕事に戻り、夜はライブ後に仕事に戻るという苦労を重ね、12年にメジャーデビュー。地道に楽曲を輩出し、18年8月に「別の人の彼女になったよ」を配信リリースした。

 「ベツカノ」の愛称で親しまれている同曲で女性目線で別れた恋人への思いを歌った切ないラブバラード。当初から「彼女に聴いて欲しくない曲1位、彼氏の前で聴けない曲1位」になるなど、賛否両論を呼んだ。ユーチューブで公開されていた同曲のミュージックビデオのコメント欄に、とある恋人を亡くした女子高生が自身の恋愛に基づいてコメントをしたところ、「泣ける」と話題に。そのコメントには16万件以上の「いいね」と500件以上の返信が寄せられ、ツイッターでも3万件近いリツイートで拡散され、共感の渦を巻き起こした。

 メディアでも注目を集め、19年1月放送の「関ジャム」で、売れっ子音楽プロデューサー・いしわたり淳治氏が選ぶ18年マイベスト10にランクイン。同9月放送の同番組でも再度wacciが取り上げられ、放送終了後に「Apple Music」でトレンド入り、「LINE Music」で5位を記録した。今年6月に放送したTBS系音楽番組「CDTVライブ!ライブ!」でフルコーラス披露すると、当初は5.0%の視聴率が5.4%まで上昇。ツイッターのトレンドでも「ベツカノ」が4位、「wacci」が7位を獲得した。

 「ベツカノ」人気は芸能界にも飛び火。指原莉乃、武井壮らがSNSなどで同楽曲を取り上げ、草ナギ剛もBayfm78「ShinTsuyo POWER SPLASH」で選曲。雨上がり決死隊・宮迫博之、ノンスタイル・井上裕介、ガチャピンや人気歌い手が自身のユーチューブにカバー動画を投稿し、同曲の歌ってみた動画が一躍ブームとなった。

 音楽業界でも一目置かれる存在となり、これまで鈴木愛理やジェジュンがアルバムにカバーを収録。10月リリースのUruの最新シングルにも収められる。

 サブスクリプションの総再生回数は、1億回を突破。9月に発表された音楽チャート「Billboard JAPAN」を展開する阪神コンテンツリンク、NTTデータ、NTTデータ経営研究所の3社が共同開発した脳科学とAI(人工知能)によって音楽トレンドを可視化するサービスでは、「ベツカノ」が「1か月後のトレンド指標予測」で1位にランクインした。ちょうど同ランキングが発表され、1か月が経過したところで、「Mステ」に初登場。舞台は整った。「Mステ」でのパフォーマンスでさらに“ベツカノ”が注目を集めそうだ。(記者コラム)

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請