【ロッテ】9回2死満塁で見逃し三振の安田尚憲、崩れ落ちる…井口監督「振らないと」

ベンチで厳しい表情を見せるロッテ・ナイン
ベンチで厳しい表情を見せるロッテ・ナイン

◆パ・リーグ 日本ハム3―2ロッテ(1日・札幌ドーム)

 あと一歩が届かなかった。1点を追う9回2死満塁。一打逆転のチャンスで4番・安田は、カウント3―2から粘りに粘った8球目を見逃し三振。悔しさから、その場に崩れ落ちた。井口監督は「審判がかなり(ストライクゾーンが)広かったんでね。こうなる前に打たないと。ヤス(安田)も最後3―1から振らないと。最後はボール球(をストライクに)取られちゃう」と振り返った。

 4回に中村奨の右前適時打で先制。試合前までは先制点を奪うと36勝8敗1分けの強さを誇っていたが、今季初対戦の杉浦に苦戦し追加点が奪えない。5回に勝ち越されると追いつけず、12三振を喫して敗れた。日本ハムに3タテを逃し、連勝は3でストップ。首位・ソフトバンクとのゲーム差も1に広がった。

 それでも8回に角中の適時打で1点を返し、9回も粘った。指揮官も「最後までチャンスを作れたし、あと1本で逆転のところまで作れた」と前を向いた。2日からの本拠地・西武戦で首位奪還を狙う。(小田原 実穂)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請