【ヤクルト】歳内宏明の復活勝利に元四国IL香川の松中信彦GM兼総監督がNPB復帰までの秘話語る

松中信彦氏
松中信彦氏

◆JERAセ・リーグ DeNA0―2ヤクルト(1日・横浜)

 ヤクルトの歳内宏明投手(27)が7回5安打無失点で、阪神時代の2015年9月29日DeNA戦(甲子園)以来、1829日ぶりの勝利を挙げた。元四国IL香川GM兼総監督の松中信彦氏がコメントを寄せた。

 * * * *

 必ず勝てるピッチングができると思っていました。3試合目で早く勝ててよかった。自分の中でも初めての経験。GMの仕事ができてよかったと思います。

 香川に入ってきた時に近藤監督に「先発で行きましょう」と話して、歳内だけは管理するのでなく、調整方法なども全部任せました。目標はNPB復帰ですから、自分で責任をとらないといけない。結果を残すためにどう練習すればいいか。月が替わるごとにスピードが出ました。だめならあきらめがつく環境にして、彼にとってプラスだったんじゃないかなと思います。

 これがスタート。独立リーグの若い子たちは身近な選手がNPBに戻れたのがモチベーションになっています。口数は少ないですが、ぶれない信念を持っている選手。1勝で安心することなく、まだまだ若いですし、1年でも長く活躍してほしいです。(元ソフトバンクで“平成唯一の3冠王”、四国アイランドリーグplus香川・GM兼総監督)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請