新庄剛志氏、12月のトライアウトで「4打数5安打くらい打てるかな」

出張買取サービスと鑑定士育成学校のメインキャラクターに就任した新庄氏
出張買取サービスと鑑定士育成学校のメインキャラクターに就任した新庄氏

 2006年以来の現役復帰を目指す新庄剛志氏(48)が1日、12月上旬開催予定の12球団合同トライアウトでの“4打数5安打”を予告した。

 「トライアウトまで120%でもっていって、90%くらいの力を出せれば、緊張感なくいけて、4打数5安打くらい打てるかな(笑い)。過去にあるんだよ!始球式で打ったから」

 阪神、日本ハム、米大リーグで活躍した“プリンス”。現在は“落合流”練習に取り組んでいるという。「ゆっくりなボールを打つ練習をして、徐々に速いボールにしている。イメージは、よく落合さんがやっていたもの」。毎日4~5時間のトレーニングで、緩い球を打つことでフォームを固める落合博満氏の練習方法を取り入れており、約10日後から本格的な打撃練習を開始する予定だという。

 この日は都内で行われた出張買取サービス「COYASH」と鑑定士育成学校「Eye Job」のメインキャラクター就任会見に出席。「ゴールデン・グラブ賞(のグラブ形トロフィー)とかいっぱいある。売っていいのかな!?」。“4打数5安打”で現役復帰に成功すれば、来季は通算11度目のゴールデン・グラブも夢じゃない?(灰原 万由)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請