【楽天】岸孝之、今季初の0封も逆転負け…貯金はゼロに

6回を投げ1安打と粘投した楽天・岸
6回を投げ1安打と粘投した楽天・岸

◆パ・リーグ 楽天1―4ソフトバンク(1日・楽天生命パーク)

 楽天はソフトバンクに1―4で逆転負け。先発した岸孝之投手(35)が6回を投げ1安打無失点。今季6度目の登板で初めて無失点に抑えた。しかし、中継ぎ陣が粘れず。チームの2連勝はならなかった。

 6回2死無走者。強打者・柳田を投ゴロに仕留めると、岸はゆっくりとベンチに戻った。浴びた安打はわずかに1。圧巻の投球を見せた右腕に、大きな拍手が送られた。今季初めて無失点に抑えた岸は「粘れました。0に抑えられて良かったです」と淡々と語った。

 4回には島内が右翼へ先制の8号ソロ。岸は勝ち投手の権利を得て降板したが、逃げ切れなかった。7回、松井が2番手でマウンドへ。今季から先発に再転向した昨季のセーブ王が、昨年9月24日のソフトバンク戦(楽天生命パーク)以来、約1年ぶりに救援として登板。しかし2点を献上すると、8回には牧田が、9回にはジョンソンがともに1点を献上した。

 中継ぎ陣が打ち込まれて逆転負け。貯金はゼロになった。三木肇監督(43)は「岸が頑張ってくれたのに申し訳ない。岸に勝たせてあげたかった」と悔しさをにじませていた。(高橋 宏磁)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請