【DeNA】負傷交代の山崎康晃についてラミレス監督「時間がたたないと分からない」

9回無死、西浦の投強襲内野安打で負傷交代した山崎康晃
9回無死、西浦の投強襲内野安打で負傷交代した山崎康晃

◆JERAセ・リーグ公式戦 ヤクルト2―0DeNA(1日・横浜)

 ヤクルトを上回る6安打を放ちながら、先発の歳内らに要所を抑えられて得点できず。9月28日の広島戦(マツダ)以来、今季8度目の完封負けを喫して借金1となった。

 ブルペンデーの9回に登板した山崎は、先頭の西浦のゴロ(強襲安打)を右ふくらはぎ付近に当てて交代。試合後、ラミレス監督は「今、トレーナーがみています。当たって(患部が)硬くなっているようだ。まだ時間がたたないと分からない」と説明。山崎の28歳の誕生日である2日の状態次第では、出場選手登録抹消の可能性もある。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請