【巨人】小林誠司が荒れるサンチェスを“操縦” 初回7連続ボールも絶妙声かけ、緩急リードで勝利に導く

7回2死一、二塁、代打・会沢翼の時にマウンドで話をするサンチェスと小林誠司
7回2死一、二塁、代打・会沢翼の時にマウンドで話をするサンチェスと小林誠司

◆JERAセ・リーグ公式戦 広島3―5巨人(1日・マツダ)

 巨人の小林誠司捕手(31)が「8番・捕手」で出場。左尺骨の骨折から復帰後の初スタメンだった9月25日の中日戦(東京D)以来の先発出場で、勝利に貢献した。

 前回先発に続いてサンチェスとバッテリー。だが、その助っ人右腕は初回先頭の大盛にストレートの四球を出すと、続く田中広も初球がボール。すかさずタイムを取ってマウンドに声をかけにいき、落ち着かせた。

 その後、さらに2球連続ボールで3ボールとなり、初球から計7球連続ボールとなったが、フルカウントまで持ち直して田中広を右飛に抑え、続く鈴木誠は内角速球で遊ゴロ併殺に打ち取った。

 2回以降もサンチェスは球が高めに浮いたり、ボール球先行になるなど、制球が定まっているとは言えない状況が続いた。だが、小林は緩いカーブやスプリットなどで緩急をつけながらリードした。

 7回1死一、三塁では、ピレラに対してカウント2ボールとなるも、続く3球目、強振してくることが予想される状況で、この日序盤からピレラがタイミングの合っていなかった縦に大きく落ちる変化球を思い切って要求して二飛に抑えた。次打者・菊池涼のゴロを岡本が一塁に悪送球してタイムリーエラーで5―3となり、なお2死一、二塁で代打・会沢。初球がボールになると、タイムをかけて絶妙のタイミングでマウンドに行ってサンチェスに声をかけ、カウント3―1から内角寄りの速球で三ゴロ。サンチェスを7回3失点(自責2)の粘投に導き、サンチェスとのバッテリーで先週に続き勝利を挙げた。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請