【巨人】原監督「ピレラはすごいプレーだね。やはりプロ。素晴らしい」相手の好守備を称賛

勝利を喜ぶ原辰徳監督
勝利を喜ぶ原辰徳監督

 ◆JERAセ・リーグ公式戦 広島3―5巨人(1日・マツダ)

 巨人が5―3で接戦を制してカード勝ち越し。優勝マジック「21」となった。

 試合後、原監督は好守備を連発した広島の左翼手・ピレラの名前を挙げてたたえた。

 「しかし最後の、ピレラのプレーは凄いプレーだよね。いやあ、ウィーラーの打球。ああいうのを見るとやはりプロだなと。素晴らしいですね。今日はだからうちがアレだったけどね。守備って大事だよね」

 2点リードの9回先頭、ウィーラーの左越え長打と思われた強烈な打球に対して背走しながらフェンスに身を預けるような形でキャッチ。これだけでなく、この日は前の打球をダイビングキャッチにスライディングキャッチと、驚異的な守備範囲の広さで好プレーを連発していた。

 今季リーグ最少失策の鉄壁の守備を誇る巨人は珍しく1試合2失策に、捕逸もあった。原監督は「そうですね、だからピッチャーは頑張ったと思いますよ。コウタ(中川)にしてもね。やっぱり1イニング4アウト5アウトというのは非常に難しいですよ。その中でよく頑張ったと思います」と投手陣をたたえた。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請